日本メディカルシステムパートナーズ 電話番号

開業資金を調達する方法を教えて下さい

金融機関や公的機関の融資を活用しましょう!

ホーム

金融機関や公的機関の融資などを活用することで、スムーズな開業を実現させることができます。公的資金を調達する場合などは、必要資金額に対して一定の割合で自己資金を用意できることが融資や出資の条件となるケースが多くあり、自己資金と借入資金の割合は1:3が適切。借入金比率が高くなりすぎると、準備不足か過大計画と見なされてしまいます。また、自己資金は現金や金融機関への預貯金だけとはかぎりません。保険の積立金、各種証券、親族の出資、資産も自己資金として活用できます。

<豆知識>
金融機関や公的機関は、貸付の種類を「運転資金」と「設備資金」に分けています。

①運転資金
経営を続ける中で、収支のバランスが崩れて支出が多くなり、資金不足になったときのために準備しておくのが運転資金。開業後は個人事業主となるため、自分自身や家族の生活費も運転資金に含めて考える必要があります。月額固定費の半年から1年分を想定するのが一般的です。

②設備資金
設備を事業に投資するための資金。開業時にどこまで医療機器を揃えたらよいかは、どのような医療を行うかという方針に基づいて決めていくことが大切です。開業当初に揃えるものと追加で購入すればよいものを分類し、リースや中古も視野に入れることが安く調達するためのポイントとなります。

5ヶ年事業計画書の作成

収入と支出の繰り返しである事業の流れを具体的に割り出し、把握し、コントロールするのが事業計画です。
開業にあたり、事業計画書を作成することはとても重要です。開業後、どの程度の収益性、確実性、安全性を持っているのかを外部に示すこともできるようになり、融資を受ける際には、借入金の返済プランとして金融機関に提出することになります。
事業計画書は、専門家に相談しながら事業内容、市場環境、競合優位性、経営プラン、マネープランなどをできるだけ分かりやすくまとめていきます。科目ごとの収入予測表を参考にしてください。

内科医療収入予測参考例

項目 初年度 2年度 3年度 4年度 5年度


(医


入)



1日患者数(人) 30 50 70 80 90
年間患者数(224日診療) 7,320 12,200 17,080 19,520 21,960
患者一回あたり単価
(社保診療報酬単価参照)
4,980 4,980 4,980 4,980 4,980
売上合計(医療収入) 36,453,600 60,756,000 85,058,400 97,209,600 109,360,800


商品仕入(医療品材料費他) 2,041,402 3,402,336 4,763,270 5,443,738 6,124,205
仕入合計 2,041,402 3,402,336 4,763,270 5,443,738 6,124,205


従業員人件費 8,112,500 8,690,110 8,950,813 9,219,338 9,495,918
家賃(テナント賃料・駐車場代) 5,640,000 5,640,000 5,640,000 5,640,000 5,640,000
医療機器他リース代金 4,440,000 4,440,000 4,440,000 4,440,000 4,440,000
その他経費・一般経費 4,800,000 5,040,000 5,292,000 5,556,600 5,834,430
減価償却(内装費他) 2,319,000 2,319,000 2,319,000 994,000 994,000
経費合計 25,311,500 26,129,110 26,641,813 25,849,938 26,404,348


医業利益
(売上合計-仕入合計-経費合計)
9,100,698 31,224,554 53,653,316 65,915,925 76,832,247
借入金利息 750,446 684,715 616,985 547,195 475,282
税引き前利益
(営業利益・営業外費用)
8,350,252 30,539,839 53,036,331 65,368,730 76,356,965

税金(所得税+住民税) 2,425,583 12,779,919 24,028,166 30,194,365 35,688,483
税引き後利益
(税引き前利益-税金)
5,924,669 17,759,920 29,008,165 35,174,365 40,668,482

※小児科、耳鼻科、皮膚科、眼科、整形外科の収入予測は、会員登録後、面談させていただいた方にプレゼントしている「診療所開設の実際」に記載しています。下記からご登録をお願いします。

目次に戻る
物件情報、開業に関するご相談、何でも構いません。
気になることがございましたら、下記からお気軽にお問い合わせください。
担当から折り返しお返事させていただきます。
氏名
携帯電話
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
診療科目
お問合わせ内容