日本メディカルシステムパートナーズ 電話番号

開業後、どのくらいの収益が見込めますか?

来院数の予測から利益を予測する

消化器内科開業 45歳

開業後、どれくらいの利益が見込めるのかということは、ライフプランを設計するうえでも大変重要です。開業予定場所において来院数を予測し、さらに上の予測をたて、そこから利益予測を行っていきます。

1.売上高-商品原価(医薬品材料費)=粗利益額
2.粗利益額-経費=税引き前利益
3.税引き前利益-税金=税引き後利益

経費のコントロールが経営の要

経費は、固定的な経費(地代家賃・光熱費)と変動的な経費(消耗品費・従業員の人件費)に分けることができます。診療所経営の場合、ほとんどが人件費となります。

科目別にみると、税引き前利益は全体の売上高の50%、税引き後利益は売上高の30%、そして経費は全体の売上高の40%が基本とされています。経費のうち、従業員の人件費が粗利益の3分の1(33%)であるのが理想的です。ワークスケジュールを作成して人員配置を計画的かつ効率的に行い、無理と無駄のない適正人数で労働生産性をあげることが必要です。

収益に影響を与える税金の存在

個人事業として開業する場合、所得税は(※)累進課税となるため、見通しを誤ると収益予測が大きく変わってくるので注意が必要です。
また、収益は科目別に異なるので、その点も注意して把握しておいたほうがよいでしょう。
(※)累進課税:課税対象額が大きくなるにつれて、適用する税率が高くなるといった税金のかけ方。

内科

<単位:円>

科目/年度 初年度 構成比 2年度 構成比 3年度 構成比 5年度 構成比
患者数/日 28 51 68 81
客単価/人 5,020 4,860 4,690 4,710
売上げ/年 34,296,640 100.0% 60,477,840 100.0% 77,816,480 100.0% 93,088,440 100.0%
医薬品
材料費
2,023,502 5.9% 3,386,759 5.6% 4,513,356 5.8% 4,840,599 5.2%
粗利益額 32,273,138 94.1% 57,091,081 94.4% 73,303,124 94.2% 88,247,841 94.8%
経費 23,630,385 68.9% 25,521,648 42.2% 28,091,749 36.1% 30,067,566 32.3%
税引き前
利益
8,642,753 25.2% 31,569,433 52.2% 45,211,375 58.1% 58,180,275 62.5%
税金 2,522,109 7.4% 13,294,716 22.0% 20,115,687 25.9% 26,600,138 28.6%
税引き後
利益
6,120,644 17.8% 18,274,717 30.2% 25,095,688 32.2% 31,580,137 33.9%

※小児科、耳鼻科、皮膚科、眼科、整形外科の収益予測は、会員登録後、面談させていただいた方にプレゼントしている「診療所開設の実際」に記載しています。下記からご登録をお願いします。

目次に戻る
物件情報、開業に関するご相談、何でも構いません。
気になることがございましたら、下記からお気軽にお問い合わせください。
担当から折り返しお返事させていただきます。
メールアドレス(必須)
お問合わせ内容