日本メディカルシステムパートナーズ 電話番号

開業後の収益アップのポイントを教えてください

収益アップ方法

では、収益を上げるためには、どのようなことをすればよいでしょう。ここでは具体的に、収益アップのための具体的なポイントを挙げてみます。

●月次決算を実行。税引き後利益で計画を立てる。
毎月の実績を比較し、収益をチェックしながら次の計画を立てていくことが大切です。そして、その際、税引き後利益つまり最終的に残る利益で計画を立てていきます。

●人件費(経費)の無駄と無理を省き、計画的にコントロールする。
経費の中でも最も経営を圧迫するのが、従業員の人件費です。計画性をもって、適材適所を図っていくことが大切です。たとえば、受付に何人、待合のサービスに何人、診察室の中に何人配備するかといったことを戦略的に考えていくことで適正な人員配置を心がけます。

●前年度患者数比較表をつくって対策を立てる。
コンピュータを用いる方法もありますが、前年度との比較をすることで、次にどんな目標を立てていけばよいかが見えてきます。

●待合、受付、診察室におけるサービスの徹底。
医師の場合、規制があるため、広告宣伝費をかけることがなかなか難しいのが現状です。そうなれば、患者の気持ちをサービスによっていかに的確につかむかということが大切なポイントになります。

また、サービスと一口にいっても、待合でのサービス、受付でのサービス、診察室におけるサービスがあり、この3つのサービスを分けて考えることも重要です。

たとえば受付が自分の仕事をこなしているからといって、寒い待合で待っている人に何もしなければ、患者数は減っていってしまいます。患者をつかむには、どれだけ良い診療をするか、ということと同時に、どれくらいの対応が患者に対して行われているかということが大切になります。人件費も、使い方によっては患者を獲得することもできるし、逆に減らしてしまうことにもなるのです。

●従業員教育の徹底
患者は医師だけを見ているわけではありません。患者にとっては、従業員と接している時間のほうが医師と接している時間よりはるかに長いのです。従業員のサービスがどれだけ良いかということも患者数を増やす大きなポイントとなりますので、ふだんから従業員の教育を徹底することが必要です。

※「経費節約のポイント」は、会員登録後、面談させていただいた方にプレゼントしている「診療所開設の実際」に記載しています。下記からご登録をお願いします。

目次に戻る
物件情報、開業に関するご相談、何でも構いません。
気になることがございましたら、下記からお気軽にお問い合わせください。
担当から折り返しお返事させていただきます。
メールアドレス(必須)
お問合わせ内容