医師独立開業・転職支援

プロのコンサルタントが開業・転職を支援

開業 虎の巻

東急東横線沿線の開業立地を検証する

絶大な人気を誇る東横線の秘密

東京急行電鉄(以下、東急) の沿線は、首都圏で住環境を選ぶ際の候補として、必ず上位にランクされるほど 人気が高い。

現在、東急は、東横線のほか、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、多摩川線、こどもの国線の鉄道七路 線と、世田谷線の軌道一路線の計八路線で、渋谷、品川、大田から川崎、横浜の主要交通路として、重要な位置 づけを占めているが、そもそもは、田園調布・洗足などの街づくりのために設立された「田園都市株式会社」の鉄道 部門を分離独立したのが起源だ。

単なる鉄道会社としてではなく、総合的な″街づくり″ に向けた大規模なフロジ工クトに取り組んできたことも、 今日の圧倒的な人気の裏づけともなっている。

そして、東急八路線の中でもとりわけ人気の高いのが、渋谷と横浜を結ぶ東横線(全良24.2キロ)である。

この沿線は、田園調布、自由が丘、代官山などの高級住宅地や、慶應義塾大学、神奈川大学など学校が多いこ とが特徴で、住・教育の環境としては申し分ないうえ、横浜高速鉄道・みなとみらい線、東京メトロ・日比谷線、東武 伊勢崎線との相互乗り入れにより、交通の利便性も極めて高い。

独立・開業の立地としても魅力にあふれたこの沿線で独立の夢をかなえたいと思う人が依然として多いのも、当然 と言えよう。

3つに分けてエリアを分析

しかし、開業立地として見た場合、同じ乗横線沿線の中でも、地域によって特性が異なることに留意しなければ ならない。

東横線沿線のエリアは、大きく三つに分けることができる。

(1)生活に便利な都内
(2)都心に近く、交通便利な川崎市
(3)緑豊かな情緒ある横浜市

これら3つのエリア特性を把握することが、東横線沿線で立地選定をするうえで大変重要である。

まずポイントとなるのは都内エリアだ。東横線の都内れ伯緑には、渋谷区(代官山)、目黒区(自由が丘など)、 大田区(田園調布など)の三つの区があるが、高級住宅街と庶民的な街並みを有する土地柄で、昼間・夜間と もに人口が多く、比較的駅力が高い。

生活するうえで便利な地域である。

一見すると飽和状態で、病院数も多いように感じるが、科目によっては、人口に比べて病院数が少ないというの が現状だ。

下の表を見ても分かるとおり、田園調布(目黒区)においては、その傾向が顕著で、各科とも開業のねらいどころ と言える。

また、この地域は、医療ビルが少ないのも特徴で、かつ科目によって医院数の偏りが大きい。

たとえば、一医院あたりの人口を見ると、自由が丘(大田区)周辺は耳鼻科が、また多摩川(大田区)周辺は整形 外科が東横線沿線の中でも突出している。

また、川崎、横浜エリアでは、特急や急行などの停車しない駅周辺が意外なねらいどころとなっている。

大倉山 妙蓮寺(いずれも横浜市港北区)、白楽(横浜市神奈川区)などが代表例と言えるが、とりわけ妙蓮寺は、皮膚科、 内科、小児科の3科で注目すべきエリアと言える。

JR南武線が通っている武蔵小杉(川崎市中原区)や、日吉、網島(いずれも横浜市港北区)といった駅力 の高いエリアも見逃せない。


エリア特性の的確な把握が重要

東急東横線は、すでに成熟していて新規参入の余地がなく、手の届かないエリアだと思われがちだ。

しかし、このようにエリアの特性を分析してみると、決して夢ではないことが分かってくる。

重要なことは、東横線という沿線のイメージにとらわれず、専門家等の協力を得ながら自分の専門科目 を活かせるエリアを徹底的に分析
し、立地選定に取り組むことだと言えるだろう。

一覧に戻る
物件情報、開業に関するご相談、何でも構いません。
気になることがございましたら、下記からお気軽にお問い合わせください。
担当から折り返しお返事させていただきます。
氏名
携帯電話
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
診療科目
お問合わせ内容